シーリング工事とは

 

こんにちは。神谷です。今日は、安東でシーリングの工事をやっています。

シーリング工事とは、外壁の板と板のつなぎ目(隙間)をシーリング材で埋める工事です。

シーリングをする目的は、つなぎ目から侵入する「雨漏りを防ぐ防水性」と地震などによって建物が揺れた際に「伸縮性により建物を守る耐震性」の役割があります。

シーリングは環境によって変わりますが、紫外線の影響を受けて約5年を過ぎると劣化が始まります。劣化が始まると、「防水性」と「伸縮性」を少しずつ失っていき、最終的には雨漏りや外壁のひび割れの原因になります。雨漏りや外壁のひび割れは、建物全体の劣化速度を一気に加速させる要因となりますので、気になることがあればお気軽にぜひ相談してください😊