こんにちは。

 

お疲れ様です。神谷です。今日も寒いですね。

広野でリシンの吹き付け作業を見てきました。

「リシンの吹き付け」とは、細かい砂利や砂などの骨材と、塗料を混ぜたものをコンプレッサーで吹き付ける方法です。混ぜられたことで凹凸ができ、ザラザラとした砂壁風の仕上がりが特徴です。

リシンの吹き付けは、モルタル外壁の仕上げに用いられる最も一般的な方法で、木造住宅でよく使われています。

リシン材は通気性、透湿性があるので、木造住宅を長持ちさせる効果があります。